注意するポイント

キトー君DXを使うときに注意するポイント!キトー君の成功者が徹底解説!

キトー君DXで脱包茎に成功した当サイトの管理人です。(キトー君でむけるまでの実体験はこちら

キトー君DXを1ヶ月間使ってみて、使うときに注意するポイントがいくつかあったのでご紹介します。

キトー君DXは使い方自体難しいものではないので、紹介するポイントだけ注意しておけば失敗することも少なくなるかと思います。

穴の直径が8mm以上あること

キトー君は完全に閉じた状態で、先端の幅が約8mmほどあります。

完全に閉じた状態

まずはこの先端が穴の中に入らなければ使用できないので、穴のサイズが8mm以下の人は使用することができません。キトー君で失敗するほとんど人がこの理由です。

8mm以下だと上の写真のように、そもそも皮をキトー君に引っ掛けることができません。

穴のサイズが8mm以上あってキトー君の先端が入りさえすれば、脱包茎への一歩を踏み出すことができます。

キトー君DXのレバーが外れないように注意する

キトー君DXには開いた状態を固定する機能がありますが、この固定レバーが非常に外れやすいです。

写真を見てもらうとわかるとおもいますが、小さな突起がレバーのギザギザに少し引っかかってるだけなんです。

固定レバーを下から上に少し押しただけで簡単に固定が解除されます。

固定が解除されるだけならいいんですが、キトー君DXは固定レバーを解除すると自動で閉じるようにバネが付いています。

このバネが結構強くて、固定レバーを解除すると勢いよくキトー君が閉じてしまいます。

するとどうなるのかというと、もう想像できますね?

使用中に誤って固定レバーを解除させてしまうと、バネの勢いで自分の亀頭をキトー君で思いっきり挟んでしまうのです。

想像しただけでとても痛いですよね…。

固定レバーが外れないように、使用するときは細心の注意が必要です。

使用中はできるだけ動かない

キトー君は皮を広げた状態で30分間固定する必要があります。

使用中は皮にキトー君が引っ掛かっている状態なので、基本的に動くことはできません。

また、無理に動いてしまうと上記で説明したように固定レバーを誤って解除してしまい、バネの勢いで亀頭を挟んでしまうかもしれません。

また、装着した状態でキトー君の位置がずれたり落としたりすると、皮が引っ張られてしまい痛みを生じることもあるので注意が必要です。

ぼくはキトー君使用時は写真のように太ももの付け根に置いています。

基本的にキトー君使用時はお風呂に浸かったり、スマホを見たり、漫画を読んだり、テレビを見たりしているといいでしょう。

亀頭に触れないように注意する

購入してみてわかったのですが、キトー君の先端の外側は丸みを帯びていて綺麗に加工されているのですが、内側は雑な加工で角がある状態です。

基本的に正しい使用方法だと内側は触れることもないのですが、キトー君の使い方に慣れるまでは皮を引っ掛けるときにキトー君先端の内側が自分の亀頭に触れることがありました。

→キトー君の正しい使い方

包茎状態の亀頭はとても敏感なので、キトー君の先端が少し触れるだけでも痛みがあります。角ばったものが触れるとさらに痛いです。

また、誤って固定レバーが解除されて亀頭を挟んでしまったときはもう大変なことになりますよね。

慣れるまでは大変かもしれませんが、キトー君の先端が自分の亀頭に触れないように注意しながら使ってください。

キトー君DXを詳しくみる